読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

キャリアから格安SIMにMNPする流れ

こんにちは!ウマリーマンです。

前回格安SIMへ変更すると、毎月のスマホ料金を安くすることができるということで記事を書きました。

今回はどのような流れで手続きが完了するのか書いていきます。

f:id:umago:20170206141039j:plain

事前準備

まずは準備段階です。

変える前に色々と確認しておきましょう。

MVNOの決定・支払方法確認等

まずはどこのSIMにするのか決めましょう。

比較サイト等で金額だったり、プランの確認をしておきましょう。

自分のスマホor購入予定のスマホの周波数が対応しているかどうかをしっかり確認しておくことが必要です。

それぞれの会社がどこの会社の回線を使用しているかはこちらの記事に記載しています。

www.salaryuma.com

格安SIMにした場合、支払方法がクレジットカードorデビッドカードという会社が多くみられます。今は一部の会社で口座振替にも対応しているようです。

カードがない方もこの機会に作ってみてはいいかと思います。

ポイントつくし、計画的に利用すれば便利なことこのうえないです。

更新月を確認

どこのSIMを使うか決めて、支払方法も確認できました。

このまま一気に行きたいところですが。。。

まず、現在の契約期間を確認してください。

基本的に更新月に解約しないと解約手数料(3社とも9,500円)がかかってきます。

出来ることなら更新月に格安SIMに移行しましょう。

スマホの調子が悪くて今すぐ変えたい、という方もいるかと思います。

僕もそのパターンでした。解約手数料はかかりましたが、毎月5,000円以上節約できたので、結果オーライという感じですね。

MNP転出予約番号を取得

では実際にMNP転出予約番号を取得します。

これは3社とも専用の電話ダイヤルがあるので、そこに連絡すると番号を取得することができます。

以下簡単なまとめです。

f:id:umago:20170206163847p:plain

ちなみに、なかなか繋がらないです。

平日に電話したほうがいいと思います。しばらく待つことになると思いますが、通話料はかからないのでご安心を。

手続きが完了するとSMSで番号が送られてきますので、必ずメモしておきましょう。

MNP転出手数料は上記表の通りです。

キャリアの最終月の請求時に解約手数料+転出手数料が加算されてきます。

こちらの予約番号ですが、注意していただきたい点がいくつかあります。

①予約番号の有効期間は取得日を含めて15日ということ

②格安SIMへの転入手続完了で、キャリア契約解除が解除される

③予約番号を取得しても、転入手続きをしない限り手数料が発生しないということ

転出時にはこれらのことを頭の隅にあれば戸惑うことはないと思います。

MNP転入手続き

さて、ついに転入手続きです。

これはネットで行う場合がほとんどだと思いますが、一部店舗でも行えます。

僕は買う予定だった実機を触りたかったので、それも兼ねて家電量販店にて手続きを行いました。

2017年2月現在、ネットでも店舗でも即日開通可能なようですね。

ちなみに、手続きには運転免許証等で個人情報の確認が必要です。

ネットで手続きを行った場合、画像ファイルとしてアップロードするか書面郵送する必要があります。

これが終われば転入作業は完了です。

APNの設定

新しく契約したSIMカードを差しただけでは通信ができません。

スマホ上で設定が必要となるわけです。(全然難しくない)

詳しくはMVNO各社に記載されているので詳細はそちらで確認してください。

僕が使っているHUAWEIのスマホを使って簡単に説明します。

f:id:umago:20170206172611p:plain

モバイルネットワークを選択します。

 

f:id:umago:20170206172744p:plain

アクセスポイント名を選択します。

f:id:umago:20170206172840p:plain

MVNO各社の名前が表示されていますので、該当があればそちらを選択。

ない場合は新規追加してください。

これで通信が可能となりました!

最後に

以上、大まかではありますが、格安SIMへの転出時の流れとなります。

格安SIMって面倒なんじゃないの?って思う方もいるかと思いますが

、そんな難しいことはありません。

家電量販店等で手続きできますし、そういうところにはスタッフさんがいますので聞いてみてください。親切に対応してくださるはずです。

それでは今日はこんなところで終わろうと思います。

最後までありがとうございました。

少しでも誰かの役に立てれば幸いです。