目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

【朗報】政府が認めた!?副業が認められる時代が到来する!

こんばんは!ウマリーマンです。

サラリーマンで日経新聞を購読している人って結構いらっしゃると思います。

その日経新聞で政府が副業を後押しするという記事が上がっていました。

これからは副業も認められる時代が到来しそうです!

f:id:umago:20170207223834j:plain

 これまでは政府も副業を原則認めていなかった

皆さんの会社にも必ず「就業規則」というものがあると思います。

これは、会社と労働者との間で定めたルールをまとめたもので、労働基準法に基づいて定められているものです。

会社が就業規則を定めるにあたっては、厚生労働省の「モデル就業規則」を参考に作成されています。

これまでは、「モデル就業規則」のなかに「副業・兼業禁止規定」というものがあり、副業を原則禁止としていました。

「モデル就業規則」で禁止が謳われているわけだから、副業を禁止としている企業も多かったのだと思います。

良かったらこちらの記事もご覧ください。

www.salaryuma.com

政府の「働き方改革」で「副業・兼業禁止規定」がなくなる!?

最近よく聞きますよね。「働き方改革」って言葉。

政府は、この「働き方改革」のなかで「副業・兼業禁止規定」を削除し、副業を原則容認するとのことです。

現在副業をしている人、副業を考えている人にとっては大きな後押しになるのではないでしょうか。やったね(`・ω・´)!

日経新聞によれば年度内にも「副業・兼業禁止規定」を削除するとのことです。

日経新聞の記事はこちらからご覧ください。

www.nikkei.com

これからの働き方を考えてみる(コイツなんか言ってるよ。。。)

ここからは僕の勝手な予測です。参考までに見てもらえればと思います。

「そんなことあるか!バカヤロー!」って思う方もいるかもしれません。笑

そんなときは流してください。笑

①世間的に副業が認められる。

これはほぼ間違いないと思います。自信ありです。笑

政府が副業を認めるような動きをしているわけです。

当然企業もそれに倣って、就業規則の改訂を行うのではないかと思います。

物価上昇、税金増加などはあっても会社の給料が全然上がらない、という声を多く聞きます。僕もその中の一人です。(´・ω・`)

これからは、会社からの給料だけではなく、収入の柱を複数持つことが当たり前になってくるのではと個人的に考えています。

②クラウドソーシングの普及

働きながら副業をする、と考えた場合に何が手っ取り早いか。

それは在宅ワークです。

家にいてもできる仕事というのは、とても需要があるのではないかと思います。

例えばお子さんが小さかった場合。

今までだったら保育園や幼稚園にお子さんを預けながら働いているケースが多かったはず。クラウドソーシング等の在宅ワークがもっと普及していけば、お子さんの様子を気にしながら在宅ワークで収入を得るようなライフスタイルも増えてくるのではないかと思います。

今は待機児童の問題もありますしね(´・ω・`)

僕の地元(超田舎)でも ランサーズが講師となって、在宅ワークを支援するようなセミナーを開いているみたいです。ちょっと驚きました。

クラウドソーシングについては、こちらの記事もどうぞ。

www.salaryuma.com

③個人所得が上昇→お金を使う→経済活性化

副業が世間的に認められ、個人の所得が増えます。

買い物や旅行に行く機会も増え、お金を使います。

これにより、経済が活性化するのでは、という僕の妄想推測です。

月収が5万円増えたら、皆さんどうしますか?

全額貯金する人もいれば、パァーッと使う人もいると思います。

月に1回だった家族での焼肉が2回になるかも!(0゜・∀・)

以上、僕の推測でした!笑

最後に

政府が副業について前向きなのは本当にうれしいことです。

ただ、長時間の労働は逆効果です!身体を壊しては元も子もありません。

年度内にも「モデル就業規則」が変わるようなので、どうなるか気になりますね。

新しい情報が入ったら、このブログでも発信していきたいと思います。

今日はこの辺で。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。