目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

プレミアムフライデーとは?メリット・デメリットを考える。

どうも。昨日から2日間出張してたウマリーマンです。

元々行く予定だった方の体調不良により、急遽行くことになりました。

さて、僕がそんな大慌てだった昨日2/24から「プレミアムフライデー」が始まりました。旬なこの話題について考えていきたいと思います。

f:id:umago:20170225225403j:plain

 プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーとは、「月末の金曜日は早く仕事を終えて、豊か・幸せに過ごす」っていう政府・経済産業省を中心として行っている取り組みです。

ここでいう早く仕事を終えるというのは、15:00を差しています。

(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。

参照元:プレミアムフライデーの実施方針・ロゴマークが決定しました(METI/経済産業省)

昨日2/24が実施日となっており、今後も継続して行っていくようです。

現時点で、多くの企業が「プレミアムフライデー」に合わせた働き方改革を前向きに検討しているとのこと。

公式ロゴマークも決定しましたが、使用するには事前に許可が必要とのこと。

何やら公式サイトも作られているようです。

公式ロゴマークの許可申請は、こちらの公式サイトより申し込みが行えます。

てか、公式サイトまであったとは。。。

プレミアムフライデー(Premium Friday) どうする?月末金曜日。

導入することのメリット

「プレミアムフライデー」を導入することによるメリットを挙げていきたいと思います。

  • 個人や家族との時間が増えるので、平日でも通院や旅行などに行きやすくなる。
  • 参加する企業が専用プランなどを設ける可能性も高く、売上の増加を見込むことができる。
  • 個人消費の増加
  • 長時間労働防止への対策となる
  • 上司の目を気にせずに、堂々と帰れる(副業できるぜ!(^▽^)/ ←おい)

導入することによるデメリット

  • アルバイト・パートタイマーなど時給労働者への補填の有無が不明確。不公平という声もあり。
  • 月末は多忙となることが多く、早期退社により前日の業務が圧迫する恐れがある。しわ寄せでプレミアムフライデーの翌日出社という可能性もなくはない。
  • 全職種が必ずしも早期退社できるというわけではない。
  • 成功しなかった場合、広告費等が無駄遣いで終わる可能性がある。これって財源は税金じゃないですかね。。。?

個人的意見

何かどこかで聞いたことあるような取り組みだなーと思ったのですが、これってアメリカのブラックフライデーのパクリ。。。を参考にされてるんだと思います。

ブラックフライデーとは。。。

ブラックフライデーとは、米国で毎年11月第4木曜日に催される感謝祭(Thanksgiving Day)の翌日、11月第4金曜日を指す通称である。 米国における年末商戦の初日であり、かつ最大の山場とされる。

 参照元:ブラックフライデーとは - 新語時事用語辞典 Weblio辞書

アメリカでは、小売業が年間で一番売上を上げる日みたいですね。普段まったく値下げしないブランドが値下げをしていたり。。。アメリカでの経済効果は6兆円とも言われています。 

今話題の働き方改革の一環として行うのは良いことだと思いますが、全ての人が恩恵を受けれるわけではありません。販売・接客の方は逆に仕事が増えるでしょう。お店として考えたときはいいですが、個人レベルで考えると大変です。

また、アルバイトやパートの人はどうなるんでしょうか?その分の給料がカットになったら逆にそれらの人の消費が増えるとも思えないです。。。

ロゴを決めたのはいいですが、これってデザイナーに依頼してるんじゃないの?って思いました。成功すればいいけど、失敗したら広告費の無駄遣いです。これって財源が税金なんじゃ。。。??

無駄遣いになれなければいいですけど(´・ω・`)

ぶっちゃけて言うと僕は反対です。

会社早く帰れたから役所行こう~ → 役所もプレミアムフライデーでやってない

ってことが想像できます。、

アメリカのように個人が爆買いしてくれればいいですけど、今の国民の経済事情じゃキツイのでは?って思います。僕らの世代は、結構真面目に貯金してますからね(笑)

給与上がらない・残業するな!だけど、金曜はお金使ってねって現実的に厳しいと思いますね。

上記がプレミアムフライデーに対する僕の考えです。今後どうなっていくのか興味はあるので、動向を見守りたいと思います。新しい情報があればブログでも発信していきたいと思います。