目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

これで安心!Google AdWordsの強制停止から復活する方法

どうも。ウマリーマンです。

結構前の話ですが、Google AdWordsからアカウントの強制停止の通知が届きました。

もともと、キーワードプランナーを使用するために登録したものでアカウント停止になるとは思ってもいませんでした。

ブログを運営するうえでキーワードプランナーを使用している方は多いと思いますので、書いていきたいと思います。

f:id:umago:20170228221926j:plain

Google AdWordsとキーワードプランナー

Google AdWordsとは、Googleが提供しているクリック型の広告配信サービスです。

googleの検索結果の画面に自身のサイトの広告を掲載することが可能です。

そのGoogle AdWordsのツールとして使えるのが、キーワードプランナーです。

キーワードプランナーを使えば、どのワードが月間どのくらい検索されているのか調べることができます。

下記がキーワードプランナーの検索画面です。ここでは、「副業」というワードで検索しています。月間の平均検索ボリュームと競合性がどのくらいあるのかがわかるので、ブログタイトルをつけるときなどに参考にしています。

f:id:umago:20170228223410p:plain

実際にどのような経緯で強制停止になったのか

登録完了して5時間くらい経ってから、下記のようなメールが届きました。

f:id:umago:20170228224320p:plain

広告を出しているわけでもないし、登録完了してから1回キーワードプランナーを確認したくらいです。強制停止という言葉はかなりショッキングでした。なんで?なんで?と思いながらひたすらググっていました。

そこで気付いたのですが、他にも同じような経験をされた方が多かったようです。場合によっては登録直後、今日強制停止となったケースも。。。

ポリシーと他の方の記事を見ながら奮闘していました。

僕の場合の解決策

再申請のフォームから、「広告も貼ってないし、ポリシーを確認したうえで問題ないはず」という旨を記載し送信しましたが、「強制停止されています」という自動返信メールが返ってきました。。。(´・ω・`)

どうすりゃいいんだ。。。という感じでしたが、苦情フォームから連絡したら復活した!という記事を確認したので、フォームに必要事項を記入し送信しました。

すると。。。

f:id:umago:20170228231516p:plain

どうやら、ポリシー違反とか規約ky違反をしていたわけではなく、登録したアカウントの審査中だったようですね。

それならそれではっきりしてほしかったですね(´・ω・`)

翌日にはアカウント再開のメールが届きまして、現在まで無事に問題なく使用することができています。

まとめ

強制停止となったときはどうなるかと思いましたが、まったく問題はありませんでした。恐らく自動でアカウントをチェックしていて、登録直後のアカウントが引っかかったのでしょう。

結構同じような事例が発生しているようです。皆さんも強制停止となっても落ち着いて対処してくださいね。

参考までにAdWordsの苦情フォームを貼っておきますので、同じような事例が発生した場合は、試してみてください。

AdWords related complaints - AdWords Help

同じような経験をされている方がいたので、こちらも参考にしてみてください。

kracpot.hatenablog.com