読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

感染拡大中の「ランサムウェア」 あなたの セキュリティ対策は大丈夫?

f:id:umago:20170515153910j:plain

2017年5月、世界中を騒がせている「ランサムウェア」をご存じでしょうか。

「ランサムウェア」とは、マルウェアの一種でコンピュータにロックをかけたり、ファイルを暗号化し、解除を引き換えに身代金を要求するという不正プログラムです。

今回はそんな「ランサムウェア」がどんな経路から感染するのか、どうすれば対策できるのか書いていこうと思います。

 

ランサムウェアとは?

冒頭でも書いたように、「ランサムウェア」とは、コンピュータにロックやファイルの暗号化をかけ、解除と引き換えに身代金を要求するという不正プログラムです。

トレンドマイクロに寄ると近年ランサムウェアの被害件数が急増しているとのこと。

下記が2015年から2016年上半期までのランサムウェア被害件数の推移です。

2016年から法人を対象に急激に増加していることがよくわかります。

法人ですとネットワークで複数のパソコンが接続されているでしょうから、一台が感染すると、ネットワークを通じて一気に広がってしまいます。

f:id:umago:20170515134853p:plain

出典:2016年上半期 セキュリティラウンドアップ | トレンドマイクロ

ランサムウェアの感染経路

では、このランサムウェアはどうやって感染していくのか。

感染経路は主に2つ。

  • メールに添付されたファイルを開くことによって感染
  • 脆弱性があるソフトウェアがインストールされている端末が、対象のページにアクセスしたとき

今回問題になっているランサムウェア「WannaCry/Wcry」はメールに記載されたURLをクリックすることで感染するようです。

ノートンやトレンドマイクロなども、ホームページやSNSで注意喚起を行っています。

ランサムウェアへの対策

f:id:umago:20170515152419j:plain

ランサムウェアに備えるために、最低限できることはしておきましょう。

  • WINDOWSアップデートなどを利用しOSやソフトウェアを最新の状態に保つ
  • セキュリティソフトを導入
  • 身に覚えがない場合メールはむやみに添付ファイルを開いたり、URLをクリックしないようにする
  • 定期的にファイルのバックアップを取る
  • リカバリディスクを作成し、初期状態に戻せるようにする。

外付けHDD等に定期的にバックアップを取り、OSやソフトウェアなどは最新の状態を保ちましょう。

外付けHDD等はバックアップを取るときのみパソコンと接続するようにしましょう。

もしもパソコンが感染した場合、一緒に感染してしまいます。

OSやセキュリティソフトは常にアップデートが実施されているので、自動アップデートするよう設定しておくのが安心ですね。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

 今回は感染拡大中の「ランサムウェア」について書かせていただきました。

「ランサムウェア」を始めとしたコンピューターウイルスは、常に新しいものが作られていきます。

セキュリティ対策については、パソコンにそこまで精通してなくても設定可能です。

自分のパソコンは自分で守れるように最低限の対策はしておきましょう。

  • OSやソフトウェアは最新の状態を保つ
  • セキュリティソフトを導入し、最新の定義ファイルを保つ
  • リカバリディスクの作成とファイルのバックアップは定期的に

セキュリティソフトは、僕も使っているカスペルスキーが検出力も高くオススメです。

この記事を見た方が少しでも役に立てれば幸いです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。