目指せ!会社依存からの脱却!

20代サラリーマンが副業や節約術を公開!

マジでテンションUP!オススメ洋楽ロックバンド20連発!

f:id:umago:20170604212430j:plain

音楽フォルダの8割がロックバンドで埋められているウマリーマンです。

「No Music No Life」というキャッチコピーがあるくらい、僕らの生活に音楽は欠かせないものとなっています。

今回はロック大好きな僕が独断と偏見で選んだ、テンションが上がるオススメの洋楽ロックバンドを20組紹介します。

「何故このバンドがいないんだ!」など色々と意見はあるかと思いますが、今回の20組は完全に僕の趣味なりますのでご了承ください。

パンクロック中心です。

SUM41

オススメのアルバムは「Does This Look Infected?」と「Chuck」です。

「Still Witing」「The Hell Song」「No Reason」「We're All To Blame」などSUM41を代表する曲がこの2枚で聴けてしまいます。

その他のアルバムも勿論いいのですが、最初は上記2枚を聴いてもらいたいですね。

Still Waiting

Still Waiting

  • SUM 41
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

THE OFFSPRING

日産のX-TRAILのCMで「(Can't Get My) Head Around You」をきっかけにハマりました。

僕同様に「この曲かっけー!!」と思った人は少なくないはず。

デビューしてから30年以上活躍し続ける彼らは、パックロック界を代表するバンドと言えるでしょう。

どのアルバムもオススメなのですが、「Americana」と「Smash」を推しておきます。

メロコアを身体の髄まで堪能してください。

(Can't Get My) Head Around You

(Can't Get My) Head Around You

  • The Offspring
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Eagles

先ほどの2バンドよりもかなり落ち着きますが、是非聴いてもらいたいバンドが「Eagles」

代表曲の「Hotel California」は名曲ですね。

ギターソロだけで2分もありますから、ギター好きにはたまらない曲です。

他にも「Take It Easy」や「New Kid Town」、アップテンポの「Get Over it」もオススメです。

僕が最初に聴いた「Hell Freezes Over」というライブ音源のアルバムがあるのですが、「ホントにライブ音源!?」と思われるくらい高い演奏技術がわかる1枚です。

Hotel California

Hotel California

  • イーグルス
  • ロック
  • provided courtesy of iTunes

 

Linkin Park 

2017年5月にNEWアルバムを出したばかりのLinkin Parkです。

全世界でアルバムセールスが5,000万以上という正に世界的なバンドです。

映画「トランスフォーマー」でも「New Divide」や「What I've Done」が使われているので、「聴いたことある!」と思うかもしれません。

彼らの作る音楽は、ラウドロック・ミクスチャーなどと呼ばれていますが、本人たちは「Linkin Parkの音と言われるようになりたい」と言っています。

初期はヘビーなギター音が目立つような曲が多く、4thアルバムの「A Thousand Suns」以降は、ギターは控えめになってきています。

最初に聴くなら「Somewhere I Belong」「Numb」など名曲が詰まった「メテオラ」がオススメです。

特に「Numb」はYoutubeで5億再生を超える再生数を誇ります。

Numb

Numb

  • LINKIN PARK
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Green Day

やっぱり洋楽ロックを語るうえで「Green Day」は外せませんね。

2015年には「ロックの殿堂入り」も果たしました。

7thアルバムの「American Idiot」は名曲揃いですし、「Basket Case」「Minority」などが収録されている「International Superhits!」もオススメです。

正にパンク界の帝王と言えるでしょう。

American Idiot

American Idiot

  • Green Day
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Zebra head

「Out of Control」でMAN WITH A MISSIONともコラボしているZebraheadです。

ラップロック好きなら是非聴いてもらいたいバンドの1つです。

オススメアルバムはPlaymate of the Year。

「IAm」「Now or Never」「Wasted」「Hell That Is My Life」など疾走感あふれる曲が盛りだくさんです。

スパイスガールズの「Wannabe」などが収録されている「Waste of MFZB」もオススメです。

シマウマさんにどっぶり浸かりましょう!

Out of Control

Out of Control

  • MAN WITH A MISSION×Zebrahead
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Coldplay

イギリスのポップロック・ピアノロックと言えばColdplayです。

世界で6,000万枚以上のセールスを記録するなど2000年代のロックバンドの代表とも言えます。

聴けば聴くほど彼らの世界観にはまっていくこと間違いなしです。

個人的にオススメのアルバムは「Viva La Vida」と「Mylo Xyloto」の2枚です。

Youtubeの再生数が億を超えるものも数曲あります。

こちらのParadiseは7億を超える再生数を誇るヒットナンバーです。

パラダイス

パラダイス

  • コールドプレイ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Yellowcard

パンクロック・ポップロックにヴァイオリンとが組み合わせた珍しいバンドです。

2017年3月に惜しまれながらも解散してしまいました。

オススメのアルバムは「Way Away」や「only one」が収録されている「Ocean Avenue」です。

ヴァイオリンソロから始まる「Believe」も個人的には推したい曲の1つですね。

Way Away

Way Away

  • イエローカード
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Anberlin

アメリカのオルタナティブロックシーンを代表するバンドが「Anberlin」です。

とりあえず聴いてみようという場合はベストアルバムが出ているので、そちらを聴いてみてください。

ベストアルバムで絶対に聴いてほしいのは「Feel Good Drag」「Gods Speed」「Ready Fuels」の3曲。

これを聴けばハマること間違いなし!

Godspeed

Godspeed

  • アンバーリン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Over it

恐らく知ってる人は知っているメロコア・パンクロックバンド。

「Timing Is Everything」は疾走感あふれる曲が豊富なので、激しい曲が好きなら是非オススメしたいです。

もうちょっと落ち着いた曲が良いのなら「Step outside Yourself」の方がオススメ。

ちなみにOver itのサイドプロジェクトとして発足した「Runner Runner」というバンドの「So Obvious」もノリノリになれる曲です。

Runner Runnerの方がよりポップ寄りになっています。

Serial Kisser

Serial Kisser

  • Over It
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
So Obvious

So Obvious

  • ランナー・ランナー
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Madina Lake

マシューとレオンの双子の兄弟からなるMadina Lake

「Naver Take Us Alive」や「Welcome to Oblivion」などアップテンポのナンバーが収録されている「Attics to Eden」が個人的にオススメ。

上記2曲は疾走感あふれる曲なので、ドライブにはぴったりの曲です。

Never Take Us Alive

Never Take Us Alive

  • マディーナ・レイク
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Saosin

ハイトーンボイス演奏技術の高さが特徴のセイオシン。

スクリーモというジャンルの基礎を築いたのはまさしくSaosinだと思います。

まずはファーストアルバムから聴いてください。

彼らの楽曲の完成度の高さが感じられると思います。

「sleepers」から「It's So Simple」の流れはマジでテンションが上がります!

Voices

Voices

  • Saosin
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Simple Plan

僕が最近一番聴いているのがSimple Plan。

SUM41と同じくカナダのパンク・ポップバンドです。

オススメのアルバムは「Simple Plan」と「Get Your Heart On!」の2枚。

初期のアルバム「Simple Plan」は激しい曲が多いですが、「Get Your Heart On!」ではよりポップになっています。

「Take My Head」と「Last One Standing」は毎日のように聴いていますが、全然飽きませんね。

疾走感を求めるなら、上記の2曲は外せません!

Last One Standing

Last One Standing

  • シンプル・プラン
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

My Chemical Romance

日本でもサマソニやミュージックステーションにも出演したことのある「My Chemical Romance」。

代表曲とも言える「Welcome To The Black Parade」は一見スローテンポかと思いきや、1分40秒過ぎからあっという間にアップテンポに変わります。

普段そんなにロックを聴かない人でもスーッと入ってくるはずです。

「Welcome To The Black Parade」収録のこちらのアルバムをオススメしたいですね。

Welcome to the Black Parade

Welcome to the Black Parade

  • マイ・ケミカル・ロマンス
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Sugarcult

パンクロックですが、ミドルテンポの楽曲が多いイメージの「Sugarcult」です。

かといって落ち着いた曲が多いわけでもなく、ツインギターによる厚みのあるサウンドが特徴です。

ビートルズの「A Hard Day's Night」をカバーしており、日本でもトヨタ「ラクティス」のCMに起用されています。

「聴いたことある!」という人も多いのではないでしょうか。

僕がオススメのするアルバムは「Rights Out」。

人気の「Dead Living」や「Riot」、上記で挙げた「A Hard Day's Night」が収録されている点に加え、完成度が高さが評価できます。

「Los Angeles」や「Majoring In Minors」も隠れた名曲ですね。

RIOT

RIOT

  • シュガーカルト
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

Papa Roach

アメリカのパンク・ハードロックバンド。

音が重たい曲が多いので、重低音好きな人はハマるんではないでしょうか。

とりあえずどんなものか聴いてみたい!という場合は、ベストアルバムの購入をオススメします。

「Last Resort」や「Scars」、「To Be Loved」などPapa Roachを代表する曲も収録済です。

ギターの図太い音が好きな人はハマること間違いなしです。

...To Be Loved

...To Be Loved

  • パパ・ローチ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

All Time Low

とても聴きやすいイケメンなポップパンクバンドです。

疾走感のある曲が多く、「Green Day」とかが好きならば是非聴いてもらいたいバンドです。

オススメアルバムは「Nothing Personal」。

「Weightless」や「Lost In Stereo」、「Hello, Brooklyn」などノリやすい曲が多いです。

Lost In Stereo

Lost In Stereo

  • オール・タイム・ロウ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Broadway

Saiosin同様のハイトーン・ボイスやスクリーム、キャッチーなメロディが特徴の「Broadway」

ギターロック好きなら一度は聴いてほしいバンドですね。

僕がオススメするアルバムは「Kingdoms」

「Redeeming A Monster」、「We Are Paramount」「Gotta Love That Southern Charm  」は個人的にリピート間違いなし。

Broadwayで人気の高い曲に「The Same Thing We Do Everyday Pinky」がありますが,

定番すぎるので上記から外しました。(笑)

Redeeming A Monster

Redeeming A Monster

  • BROADWAY
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

Donots

 

パンクスプリングにも出演したことのある、ドイツのパンクロックバンドです。

非常にパワフルで元気をもらえるような曲が多い印象を受けます。

どのアルバムも甲乙つけがたいのですが、個人的には「Amplify The Good Times」を推します。

「Get going」「Saccharine Smile」など疾走感の曲が多いです。

ドライブやランニング中にかけるとテンションUP間違いなし!

これらの曲と系統は違いますが、「THE LONG WAY HOME」に収録されている「Calling」もオススメしたいです。

Saccharine Smile

Saccharine Smile

  • DONOTS
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Boys Like Girls

最後に紹介するのは、「Love Drunk」ではテイラー・スウィフトとの共演を果たした「Boys Like Girls」です。

ポップパンクなので、聴きやすい曲が多い印象を受けますね。

一気に知名度が高くなったデビューアルバム「Boys Like Girs」もノリの良い曲が多いので聴いてみることをオススメします。

Love Drunk

Love Drunk

  • Boys Like Girls
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

最後に

独断と偏見でテンションが上がるオススメのバンドを20組紹介させていただきました。

誰もが名前は聞いたことのあるバンドからちょっとマイナーなバンドまでありましたが、どれもオススメのバンドには変わりありません。

普段から洋楽ロックバンドを聴いているあなたでも、「こんなのあったんだ!」という発見に繋がれば嬉しいです。

下記の記事では僕も使用している高品質なBluetoothイヤホン「Jaybird X3」を紹介しています。

Bluetoothイヤホンでありながら、重低音を効かせることもできるのでかなりオススメです!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。